Logo
Visitors No : Visitor Counter

その他の見どころ

カアラッカヤム Kaalakkayam の滝

モンスーンの季節になると、ケララの川や水塊は新たな生命を与えられる。雨季の森を探索することを臆さず、荘厳な風景を見たいと思うならば、カアラッカヤムの滝を訪ることをおすすめする。
この滝は、アガスティヤヴァナムの森に起源を発する、マンカヤム川の一部である。滝の低部に形成された水溜りで、一泳ぎする価値がある。
滝の近くにある森は、鳥類をはじめ様々な動植物を観察するのにすばらしい場所である。両岸を眺めながら川沿いを探索することもできる。
立地:ティールヴァナンタープラムから北へ約50km

アガスティヤルクーダム Agasthyarkoodam

西ガート山脈のアガスティヤルクーダムは、尖った円錐形の標高1890mの山である。珍しいハーブが多く自生する当地は、12年に1度だけ花を咲かせる「ニーラクリンジ」が咲く。
アガスティヤの森は、神話に登場する聖者アガスティヤが住んでいたと信じられている。この地域の先住民は、アガスティヤは独身者であったと信じていることから、見知らぬ女性がこの地に入ることを好まない。そのため女性は登頂するこができない。12月の第2週から1月にの間がトレッキングシーズンである。
立地:ティールヴァナンタープラム から東へ約70km

アックラム Akkulam ツーリスト村

ピクニックスポットであるアックラムは、地元の子供達に大人気の場所である。設備の整った児童公園、子供用プール、大人用プール、ボート施設が備えられている
立地:ティールヴァナンタープラム市内から約10km

ワヤナド文化遺産博物館 Wayanad Heritage museum

ワヤナド文化遺産博物館は紀元2世紀時代のケララ最大級の遺物を集めている。
ここに展示された品々は、かつてワヤナドの山々に進歩的な文明が存在していたことを証明している。土の彫像、弓矢などの狩猟道具、石の武器や他の骨董品などを見学することができる。
立地:ケララ州北東部ワヤナド地区アンバラヴァヤル

アンジェンゴ Ajengo

ヴァルカラ・ビーチ近くに位置する、「5つのココナッツの木」という意味を持つアンジェンゴ(もしくはアンジュテーング)。由来は、当時のアッティンガル女王が、5本のヤシの木がある小さな土地を、東インド会社に貸したことにあるとされている。ここは、ポルトガル人やオランダ人、さらにはイギリスの人により統治され、1684年、東インド会社はケララ州での貿易基盤を確立するため、アンジェンゴの地を選んだ。

外国勢力との戦いの中で、何度も攻撃の標的となった英国の砦跡は現在、国家遺産遺跡として保護されている。砦内部には占拠者達のものと見られる、墓地があり最も古いものは1704年と記されている。
アンジェンゴのもうひとつの見所は、美しくのどかな海辺である。ビーチに隣接する漁村での漁師の生活も興味深く、アンジェンゴをさらに魅力的な場所にしている。
立地:ティールヴァナンタープラムの北方約36km

sアティーラッパルリとヴァザーチャル Athirappally and Vazhachal

ショラヤル森林地帯の縁に位置する。美しい姿で人気がある2つの滝、アティーラッパルリとヴァザーチャルは、5km離れている。アティーラッパルリの滝は水流が25メートル落下した後、チャラックディー川と合流する。ヴァザーチャルの滝はチャラックディー川の一部となっている。
どちらの滝も深い緑の森と岩に覆われた地形を背景に落ち、その冷たい霧のような水は、訪問者達の体験にきらめきを与える。
立地:アティーラッパルリはケララ州北部トリシュールから63km、

ヴァザーチャルはトリシュールから68km

アッタッパディ Attappady

827㎢に渡って広がるアッタッパディは、ケララ州で最も大きな部族集落の一つである。人口密度は非常に低いものの、イルラスやムドゥガスなど多くの部族民が住んでいる。部族民たちは山の頂上「マルリースワラン」を巨大なシヴァ・リンガとして崇拝しており(リンガというのは敬意を込めたシヴァ神像)、マルリースワラン寺院の「シヴァラトゥリ」は部族民が祝う最も重要な祭である。
マルリースワランの山頂とバーヴァニ川は、部族民の生活に多大な影響を与えている。高地の地形はおもに、カウヴェリー川の支流により恩恵を受けてきた。
立地:北ケララのパラッカド地区マンナルッカドから38km

ベグル野生動物保護区域 Begur Wildlife Sanctuary

西ガート山脈にある高貴で絵のように美しい高原地帯に、ほとんど人が居住することなく、そのままの状態で保たれてきたのがベグル野生動物保護区域である。この森林地帯は、ケララ州内で最も美しい場所の一つとなっている。地域内には様々な動植物が生息し、自然を愛する人々を魅了している。
立地:北ケララのワヤナド地区マナンターヴァディーの東方約20km

ベカル砦ビーチ、カサラゴド Bekal Fort Beach, Kasaragod

カサラゴド地区は砦、川、丘、そして美しい海辺の土地として有名である。ベカルにある壮大な円形砦は、ケララ州に残された砦の中で最も大きくすばらしい砦の一つである。ベカル砦の近くには、美しい浅瀬の海岸が広がっており「ベカル砦ビーチ」として知られている。このビーチはベカルリゾート開発公団(BRDC)により、異国風海岸として開発され、児童公園なども併設されている。
立地:ケララ州北部カサラゴド地区

ページトップへ