Logo
Visitors No : Visitor Counter

インド占星術

インド占星術とは

インド占星術の歴史は古く、今から5000年前にさかのぼります。 その昔、インドの聖人たちが深い瞑想状態の中で直接、神の啓示を受けて与えられたものであると言われています。インド占星術では月のナクシャトラ(月宿)と度数を重要視します。それは出生時の月の度数の中にその人が今生で体験しなければならないカルマ「業」の推移が隠されているからです。 インド占星術では、が依頼者の過去・現在・未来の出来事を言い当てるのはこの月の度数の中に隠されたカルマを解読します。

弊社では、インド占星術をご希望の方へ、滞在中インド占星術での占いもアレンジしております。

的中率の高い本場インド占星術を是非ご体験ください!

**占いをご希望の方は、出生時間を事前にお調べください**

インドで行われている占いの種類

今日、月の満ち欠けが環境へ変化を与えるように、水中へも影響を与えます。私達の体の大部分は水分であるため、その影響は私達にも感じられます。 例えば、精神疾患を持つ人は、満月と新月の夜の間にさらに症状に異常があらわれる、喘息を持つ人もまた、新月の夜の間、または新月の夜の直前には症状に異常があらわれるなど…。 おそらくこの種の事象は、占星術の研究へとつながり、論理的に天体の位置を用いて男性・女性の運勢を予測することが可能としました。占星術での支配的な要素は出生場所、出生時間と生年月日です。それは、2つの出生が同じ場所、同じ時間、同じ日に起こることはないからです。双子の出産でさえ、同時に、同じ病院ベッドで起こることはありません。

Astrology
占星術

占星術は星占いを用いて占われる。星占いの要素には12のラーシ(出世図)あるいは家、11のラグナ(上昇星座、または上昇宮とも呼ばれる出生時に、東の地平線にあった星座)、太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星の位置、そして2つの影となる惑星、昇交点と降交点の要素がある。星占いでは、邪悪なエネルギーを「Gullikaグリカ-サタン(木星)の息子-」と呼ぶ。
ShadvargaやAshtavargaなどの占星術師が人の良い時期と悪い時期を予測する時に用いるチャート(表)は、星占いにおける惑星の位置から作られている。

Palmistry
手相占い

手相占いは手の丘(発達し盛り上がっている部分)と線から占う。手相占いは占星術のほど複雑ではなく、基本的な4つの主要な線、その他の14のマイナーな線と11の丘、指関節、斑点(ほくろなど)とその他の不規則な物を観察し判断する。

I ching
易経

中国から伝わったもので、さいころの回転を通して占われる。

AgasthyaNadiJyothisham
BrighuNadiJyothisham
アガスタヤ・ナディ占い
ブリグ・ナディ占い

ナディ占いでは、人の運勢はヒンドゥー教導師BrighuあるいはAghasthyaに椰子の葉に書かれたことから占われる。その中には、彼らは神から生存するすべての人間の運勢を椰子の葉に書き記し、ある特定の家族へ渡すようにと頼まれたという話も記されている。彼らはどんな人の運勢でもこの本から読み伝えていたという。現在、それらの内のいくつかは失われているが、残っているものは今でも、人々の運勢を占うために使われている。

ケララ州の占星術師

Dr.Shri R.Sreedevan(Ph.D)

CARDは、占星術研究・開発センターです。このセンターは、占星術に関心のあるまた研究している人々や団体の援助を受け、Dr.Shri V.S. Ramakrishnan Nair(Ph'D) (スリ・V・S・ラマクリシュナン博士)によって1983年に設立されました。Dr.Shri V.S. Ramakrishnan Nair(Ph'D)は、一般の人々への占星術を学んだ第一人者の一人で、彼の息子であるDr.Shri R. Sreedevan (Ph'D)(スリ・R・デヴァン博士)は、Dr.Shri V.S. Ramakrishnan Nair(Ph'D)がバンガロールへ移って以来、このセンターで正式にコンサルタントとして顧問を務めています。

Dr.Shri V.S. Ramakrishnan Nair

インド占星術について、詳しくお知りになりたい方は、お気軽にお問合せ下さい。

ページトップへ